リフトリーダー養成研修

ページ番号1000817  更新日 令和4年6月10日 印刷 

イベントカテゴリ: 講習・研修

カリキュラムの全てを受講した者を研修修了者とし、公益財団法人テクノエイド協会理事長名によるリフトリーダー養成研修修了証書を交付いたします。

リフトリーダー養成研修について

介護労働者の身体的負担軽減や腰痛を予防し、介護労働者の雇用の安定を図るため「職場定着支援助成金制度」を活用することができますが、移動用リフトの普及には、各事業所において専門的知識・技術を有し、導入後もフォローアップができるリフトリーダーが必要です。
各介護現場において適切にリフトの導入を指導することができるよう、リフトリーダーの養成研修を行います。

開催期間

令和4年8月6日(土曜日)から令和4年8月7日(日曜日)まで

開催場所

なごや福祉用具プラザ(御器所ステーションビル3階)

申込み締め切り日

令和4年7月20日(水曜日)

申込みは終了しました。

申込み

下記申込フォームよりお申込ください。

7月6日(水曜日)10:00~7月20日(水曜日)24:00まで(先着順、定員になり次第受付終了)

プログラム

1日目

  1. リフトリーダーと助成金制度
    • リーダーとしての役割と心構え
    • 各種講習と考え方
    • 助成金制度の概要とポイント
    • 腰痛予防対策チェックリストの活用
  2. 腰痛の原因と対策
    • 介護者の腰痛発生状況とその原因
    • 腰痛予防に関連する法令、指針など
    • 腰痛予防対策
    • 労働衛生管理のすすめ方
    • 機器導入効果の検証方法
  3. 介護作業とリフト
    • 吊具の種類と特徴
    • リフトの種類と特徴
    • 介護作業のアセスメント
    • 実技概要説明
  4. 「リフトインストラクター認定試験」(希望者のみ)

2日目

  1. 移乗関連用具指導法
    • リフト等の使い方
    • リフト等の指導法
    • 機種別(選択)実技
    • 個別相談
  2. 「リフトインストラクター認定試験」(希望者のみ)
講師

堀田祐治氏(リフトリーダー養成研修認定講師)

JASPA 介護リフト普及協会

なごや福祉用具プラザ職員

対象者
下記の1から3の条件を満たすいずれかの者とする。
  1. 施設等に所属する職員又は事業主で、福祉用具に関心を持ち、リフト等を積極的に導入して職場内の介護労働者に対し腰痛予防対策を積極的に推進しようとする者
  2. 施設等へリフトをはじめとする福祉用具を導入することによって、当該職場内の介護労働者に対し腰痛予防対策を積極的に推進しようとする福祉用具関連事業者
  3. その他、特に研修受講の有効性があり公益財団法人テクノエイド協会が認める者
受講費用

10,000円(事務手数料・テキスト代を含む)
(当日現金支払い。受講決定後、7月21日(木曜日)以降のキャンセルはテクノエイド協会規定のテキスト代が発生します。)

申込

7月6日(水曜日)10:00~7月20日(水曜日)24:00まで(先着順、定員になり次第受付終了)

定員
18名
更新・ポイント対象

公益財団法人テクノエイド協会が実施している福祉用具プランナー更新制度
一般社団法人日本作業療士協会「生涯教育制度」基礎ポイント (2ポイント )
愛知県主任介護支援専門員更新研修 個別要件(2)に該当する研修

一般社団法人全国福祉用具専門相談員協会研修ポイント制度

その他
研修会終了後、希望者にはJASPA介護リフト普及協会にてリフトインストラクター認定試験を開催します。試験は筆記と実技で合格者には認定証を交付いたします。当研修受講の方は無料で受験できます。

リフトリーダー養成研修のご案内・お申込

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。