グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンター

名古屋市総合リハビリテーションセンター

社会の一員として自分らしく生きる、
明日への一歩を支えます。

相談から医療・訓練を経て、社会復帰にいたるまでの総合的で一貫したリハビリテーションサービスを提供するとともに、スポーツ活動の場を提供するなど、障害者や高齢者の皆さまが、社会の一員として自分らしく生きられるよう、さまざまな支援を行っています。


名古屋市身体障害者更生相談所と名古屋市総合リハビリテーションセンター総合相談室が一体となって、障害のある方の専門的な相談や医学的・心理学的・職能的判定・補装具の処方および適合判定を行っています。


脊髄損傷、骨関節疾患等の外科的疾患や脳血管障害、心疾患等の内科的疾患のある方に対して、 職場や家庭で自立できるよう、リハビリテーション医療を行います。


生活支援課では、病気や事故などで身体に障害があり、医学的な治療や訓練が終了され、身体機能、言語や記憶など高次脳機能に障害がある方を対象に、自分らしい家庭・地域での生活、豊かな社会参加の実現を目指した社会リハビリテーションサービスを行っています。センターの他の部門と連携し、一人ひとりの障害や様々な状況に応じて、個別的・段階的に行われます。


就労支援課では、病気や事故によって身体に障害がある方や、言語・記憶などの高次脳機能に障害がある方を対象に、能力や適性にふさわしい仕事に就き、それによって職業的自立と社会参加を図ることができるよう、職業相談・職業評価・職業準備訓練・就業支援などの職業リハビリテーションサービスを行っています。このサ-ビスは、センターの他のリハビリテ-ション部門と密接に連携し、一人ひとりの障害や訓練状況に応じて、個別的・段階的に行っています。


主に、中途視覚障害者を対象に、自立した生活に向けて個々に応じた様々な支援を行っています。


当センターでの補装具・自助具の製作についてご紹介します。


「障害者就労支援センターめいりは」は、障害者の一般就労の促進を図るため、障害者の就労およびそれに伴う日常生活上の相談・支援を一体的に行う就労支援機関の1つです。


介護保険制度における要介護・要支援の認定を受けている方に対して、可能な限り自宅で自立した生活を営むことができるよう支援するため、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションおよび居宅介護支援を行っています。


名古屋市総合リハビリテーション事業団は、介助犬・聴導犬の認定法人として厚生労働省より指定を受け、優良な介助犬・聴導犬が社会で活躍できるように認定を行います。