障害者の方へ

ページ番号1000700  更新日 平成30年4月7日 印刷 

職業リハビリテーションサービスの内容や、対象者、費用、ご利用の流れなどについてご案内します。

1.サービス内容

概ね次のような流れで就労へのステップを踏んでいきます。

ステップ1

職業相談

利用相談や職業的進路についての相談、就職活動についての相談などを行っています。
ステップ2

職業評価

最初に、様々な職業適性検査やワークサンプル、面接やガイダンスを実施し、

働く上での課題や問題点を探りながら適性を明らかにし、大まかな目標を定めます。

ステップ3

職業準備訓練

模擬職場(ワークショップ)での事務系・作業系の働く体験を通じて、ステップ2で

明らかになった課題や問題点に対して、それを補う方法や手段について考え、就労へ

の意欲を養い、体力・作業能力などを身につけていきます。

ステップ4

就業支援

上記のステップを通じて明確になった自分の適性や能力から、どんな仕事がいいのか、

どんな働き方をしたらいいのか相談を進めていきます。目指すゴールは多様です。

一般企業就労については、必要に応じてハローワークと協力して職場開拓を行ったり、

実習の実施、企業との受け入れ相談・助言も行います。また、センターにはジョブコー

チを配置しており、必要に応じてジョブコーチ支援を行うこともあります。

2.対象者

総合支援法に基づく「就労移行支援」による利用‐定員46名

  1. 身体障害者手帳(肢体不自由・視覚障害)をお持ちの方
  2. 精神障害者保健福祉手帳(高次脳機能障害)をお持ちの方、及び医師の診断書(高次脳機能障害)により「就労移行支援」を希望する方
  3. 当センターの「施設入所支援」を利用しながら「就労移行支援」を希望する方

3.サービス利用時間

平日の10時00分~16時00分までとなります。
休日は原則として、土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始、その他就労支援課が定める期間となります。

4.費用

1日あたりにかかる費用は、サービス利用料(1割負担)+食費(実費負担)となります。

  • サービス利用料は、所得に応じた月額の上限があります。
  • 食費についても、所得に応じた軽減策があります。

5.ご利用の流れ

相談は予約制になります。

1

電話予約
まずは電話での予約により、職業相談の日時を決めて、来所ください。

総合相談室…リハビリに関する総合的な相談を行い、ご利用される方のニーズにあわせて、医療部門・福祉部門へご紹介します。

電話:052-835-4005
2

職業相談

費用は無料です。
3

相談者に応じて

就労支援課利用、継続相談、他機関を紹介します。

6.利用者の声

  • 自分の状況がよく理解できた。
  • 働く上で回りのスピードに合わせていけるか不安だったが、メモ取りなどの対処方法を学ぶことができたので訓練を始める前に比べて、気持ちが楽になった。
  • 自分にできることがあると思えた。自信がついた。
  • 同じ障害がある方と話ができたり、悩みを聞いてもらったりして、通所前と比べて積極的になれた。

7.訓練の様子

新規就労・復職を目指して訓練しています

写真:訓練の様子1
データ入力
写真:訓練の様子2
郵便物の仕分け
写真:訓練の様子3
メモ取り

8.働いている障害者

訓練後には、様々な企業で働かれています

写真:仕事の様子1
データ入力
写真:仕事の様子2
分別の仕事
写真:仕事の様子3
商品陳列