デジタルものづくりワークショップ

ページ番号1002073  更新日 令和3年7月13日 印刷 

3Dプリンターを使って自助具製作の体験を行います。

イベントカテゴリ: 講習・研修

開催日

令和3年8月14日(土曜日)

開催時間

13時30分 から 17時30分まで

対象

医療関係者、福祉関係者
3Dプリンターを使った自助具製作に興味のある支援者の方

開催場所

なごや福祉用具プラザ

内容

3Dプリンターを使って自助具製作をする体験型講座です。

自助具は利用者の状態との適合が重要ですが、3Dプリンターを使うことでカスタマイズが容易になります。

今回はTinkerCADを使って初めての方でも分かりやすく解説します。

申込み

必要

下記申込フォームよりお申込ください。

プログラム

プログラム:

13:30~13:40 オリエンテーション

13:40~14:10 3Dプリンターを使ったものづくりの方法(基礎編)

14:10~15:10 3Dプリンターで自助具製作体験

15:10~16:40 3DCADで自助具をデザインしてみよう

16:40~17:20 3Dプリンターを使って作ってみたい道具を考えよう

17:20~17:30 質疑応答

17:30         終了

共催

社会福祉法人名古屋市総合リハビリテーション事業団 なごや福祉用具プラザ

日本福祉大学 福祉テクノロジーセンター

協力

日本リハビリテーション工学協会 中部支部

講師

日本福祉大学 渡辺崇史、なごや福祉用具プラザ職員

参加費用
無料
注意事項

本講座は感染対策(検温、手指消毒、マスク着用など)を実施して開催します。

当日発熱等の症状がある場合は参加をお断りします。感染対策にご協力下さい。

定員
15名
持ち物

3DCAD(Tinker CAD)の演習で、パソコンを使用します。

ご自身のノートパソコンをご持参ください。

更新・ポイント対象
  • 日本作業療法士協会生涯教育制度ポイント(1ポイント)対象講座
  • 公益財団法人テクノエイド協会福祉用具プランナー更新対象研修
案内チラシ
参加申込

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。