自助具製作講座

ページ番号1001310  更新日 令和2年7月28日 印刷 

イベントカテゴリ: 講習・研修

自助具の工夫により、高齢者・障害者への支援を学ぶ

ふだん「何か道具があったら、本人が自分でできるのに」と思っているご家族の方、「自助具を作りたいが、どうやって作るかわからない」と悩んでいる支援者の方は、ぜひご参加ください。
ご本人のニーズを把握し、身体の動きを考慮した自助具(自らを助ける道具)の活用や工夫をお伝えします。
当事者の事例を通して、日常生活の中で使う様々な自助具の選定や活用についてお話しいたします。
実習では時節柄、感染症対策としてドアオープナー(手で触れずに扉を開ける道具)の製作を通して、材料の加
工方法(切る・穴を開ける・面取りなど)を習得します。 

開催日

令和2年8月23日(日曜日)

開催時間

13時00分 から 16時00分まで

対象

モノづくりによる障害者・高齢者への支援に関心のある方

開催場所

なごや福祉用具プラザ(御器所ステーションビル3階)
交通アクセス

申込み締め切り日

令和2年8月22日(土曜日)

申込み

必要

なごや福祉用具プラザWeb にてホームページへアクセスして「自助具製作講座」よりお申し込みください。

参加費
500円
(当日受付でおつりの無いように現金にてお支払いください)
プログラム

<プログラム>
12時30分から受付開始
13時から講義「生活で使う道具の活用」
14時から製作実習「ドアオープナー」の製作【自助具グループ】
材料の加工方法(切る・穴を開ける・面取りなど)を習得する。
15時50分から質疑応答
16時 終了

(途中、休憩をはさみます)

主催
なごや福祉用具プラザ
講師

高田 圭子 氏
岡村 道雄 氏 (NFP 技術ボランティア自助具グループ)
吉田 和正氏 (NFP 技術ボランティア自助具グループ)

注意事項

・実習があるため動きやすい服装、体温調整のしやすい服装でご参加ください。

・来所時はマスクの着用、検温と手指消毒のご協力をお願いします。

また37.5度以上の熱や咳などの症状がある方は、参加をご遠慮ください。

定員
10名(先着順)
お問い合わせ先
電話 052-851-0051
持ち物
筆記用具
更新・ポイント対象

・日本作業療法士協会生涯教育制度ポイント(1ポイント)の対象講座です。

・公益財団法人テクノエイド協会 福祉用具プランナー更新の対象指定研修です。

アクセス
地下鉄御器所駅 2番出口より徒歩2分
駐車場の有無
駐車場には限りがございますので、公共交通機関をご利用下さい。
その他
製作した自助具は必ず完成させて、お持ち帰りいただきます。

自助具講座

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。