グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > なごや福祉用具プラザ  > 事業概要

なごや福祉用具プラザ

事業概要

なごや福祉用具プラザは、福祉用具や住宅改修に関する総合的な相談支援機能を持つ機関として、
主に以下のような3つの機能を有しています。

テクノエイド機能

なごや福祉用具プラザは、設立当初に福祉機器センター(以下、「テクノエイド機能」という)として事業計画されたため、福祉用具の製作・改造やIT支援、ボランティアの育成・活動などを行うことができる機関として、以下の業務を実施しています。

福祉用具の製作改造事業
リハビリテーション工学技師となごや福祉用具プラザ技術ボランティアのスタッフが、既成品では合わない障害者や高齢者のために福祉用具の製作・改造・調整などを行っています。
お気軽にご相談ください。

障害者ITサポート事業
パソコンなどのICT関連機器の支援・相談を、使用目的や身体状況などを考慮して行っています。

技術支援・ネットワークづくり
なごや福祉用具プラザ技術ボランティア(略称:NFP技術ボランティア)として、自助具グループ、被服グループ、パソコングループに分かれて様々な支援活動をしています。
養成講座やネットワークづくりなども行っています。

介護実習・研修事業
要介護高齢者の介護者を対象とした介護者教室、一般市民対象の福祉用具ふれあい講座、専門職向けの福祉用具活用技術・知識の向上を図る講座などを行っています。


介護実習・普及センター

地域住民への介護知識・介護技術の普及を図るとともに、「高齢社会は国民全体で支えるもの」という考え方を地域住民に啓発することを目的に、福祉用具の展示や福祉用具・介護に関する相談などを行う機関として、以下の業務を実施しています。

相談事業
福祉用具の選定や使用方法、家庭などでの介護方法、バリアフリー住宅などの住宅改修についてなど、多岐にわたり相談、情報提供しています。状況に応じて医療・福祉などの専門家が相談に応じています。

福祉用具展示事業
移動機器(車いす、杖など)、パーソナルケア関連用具(おむつ・衣類・入浴用具など)、家具・住宅設備機器(ベッド・昇降機など)、コミュニケーション関連用具(PC入力装置・IT機器・視覚機器・聴覚機器など)の福祉用具を約1000点展示しています。

福祉用具に関する情報収集・提供
福祉用具に関する最新情報や高齢者福祉・障害者福祉についての情報を収集し、情報提供をしています。

{{リンクhttp://www.nagoya-rehab.or.jp/plaza/summary/welfair/index.html/}}福祉用具普及啓発事業{{/リンク}}

介護ロボット関連事業

平成25年度から、公益財団法人テクノエイド協会から「介護ロボット普及モデル事業」の委託を受けており、介護施設職員向けの体験研修会や展示会等を実施します。
介護施設や一般市民の方々に、福祉用具や介護ロボットに関する情報を提供し、身近に感じていただくために普及活動を推進していきます。

介護ロボット普及モデル事業
以下、リンクしているページの一覧となります

※このイベントは終了しました。

名古屋国際見本市委員会と当事業団主催による第20回国際福祉健康産業展~ウェルフェア2017~を開催いたします。

当事業団の企画といたしまして、例年のなごや福祉用具プラザ出展ブースにおける福祉用具の展示・相談に加え、障害者スポーツの普及・振興ブース出展と、「障害者スポーツの普及・振興~2020東京パラリンピック、そしてその先を見据えて、パラリンピアンと共に考える~」と題したシンポジウムを行います。

皆様の来場をお待ちしております。