施設案内

ページ番号1000794  更新日 平成30年4月26日 印刷 

なごや福祉用具プラザのご案内です。

1.設置目的

身体機能の低下した高齢者や障害者の自立支援するとともに、介護者の負担を軽減するため、福祉用具の普及と介護知識、介護技術の普及を図ることを目的とする。 (平成9年7月12日より事業開始)

2.運営形態

事業委託主体
名古屋市
設置運営主体
社会福祉法人 名古屋市総合リハビリテーション事業団
設置種別
介護実習・普及センター

3.所在地

名古屋市昭和区御器所通3丁目12-1 御器所ステーションビル3階
〒466-0015 電話.052-851-0051 ファクス.052-851-0056

4.施設の詳細

図:施設の見取り図
延べ床面積・・・1,073平方メートル
《内訳》展示スペース 547平方メートル 研修室 73平方メートル モデル住宅 98平方メートル 工房 27平方メートル 販売・リサイクル 48平方メートル その他 280平方メートル
営業時間
10時00分~18時00分
営業日
火曜日~日曜日
休業日
月曜日・祝休日・年末年始(12月29日~1月3日)
※月曜日が祝休日の場合は翌日火曜日も休み

なごや福祉用具プラザのカレンダー

5.事業内容

福祉用具展示事業

移動機器(車いす・杖等)、パーソナルケア関連用具(おむつ・衣類・入浴用具等)、家具・住宅設備機器(ベッド・昇降機等)、コミュニケーション関連用具(PC入力装置・IT機器・視覚機器・聴覚機器等)などの福祉用具を約1,000点展示しています。

相談事業

福祉用具の選定や使用方法、家庭などでの介護方法、バリアフリー住宅などの住宅改修についてなど、多岐にわたり相談、情報提供しています。

介護実習・研修事業

要介護高齢者の介護者を対象とした介護者教室、一般市民対象の福祉用具ふれあい講座、専門職向けの福祉用具活用技術・知識の向上を図る講座などを行っています。

福祉用具の製作改造事業

既製品では合わない障害者や高齢者のために福祉用具の製作・改造・調整等を行っています。

技術支援ネットワークづくり

なごや福祉用具プラザ技術ボランティア(略称:NFP技術ボランティア)として、自助具グループ・被服グループ・パソコングループに分かれて様々な支援活動をしています。養成講座やネットワークづくりなども行っています。

リサイクル情報サービス

不要になった福祉用具の情報を新たに必要とする人に提供し、有効活用していただくように取り次いでいます。

福祉用具に関する情報収集・提供

福祉用具に関する最新情報や高齢者福祉・障害者福祉についての情報を収集し、情報提供をしております。

障害者ITサポート事業

障害のある方を対象に、身体状況・使用する目的などに応じた、パソコン等のIT関連機器の支援・相談に応じています。

福祉用具普及啓発行事

国際福祉健康産業展などで、幅広い人々に向けて福祉用具の普及啓発に取り組んでいます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。