グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 医療・福祉関係の皆様へ  > 診療科からのお知らせ  > 放射線科からのご案内

医療・福祉関係の皆様へ

放射線科からのご案内

当科ではX線CT(64列) , MRI(1.5T) , ポジトロンCT(PET-CT)を中心に他の医療機関からの依頼検査を承っています。
まずは放射線科医師まで電話でご相談ください。医師がご依頼内容を確認させていただきます。
電話:052-835-3811(代表)

冠動脈CT、ポジトロンCT以外は速やかに読影し、検査後に検査報告書と画像CDを患者さんにお持ち帰りいただきます。冠動脈CT、ポジトロンCTの読影には数日を要することもありますので、後日郵送させていただきます。
なお、当院は完全フィルムレスです。フィルムでの画像提供はできませんのでご了承ください。
ご提供できる画像はDICOM形式で、簡易ビュアをお付けしてCD化しています。(簡易ビュアはWindows専用です。)


放射線診断科スタッフ

医師(常勤1名)
氏名役職専門医等卒業年
飯田 昭彦放射線診断部長
  • 放射線診断専門医(日本医学放射線学会)
  • 核医学専門医(日本核医学会)
  • PET核医学認定医(日本核医学会)
昭和57年

診療放射線技師(常勤4名)
看護師(常勤2名)

放射線機器一覧

  • デジタル一般撮影装置(Philips DigitalDiagnost VM)
  • CR装置(コニカ CX-7)
  • デジタルX線テレビ(東芝 Ultimax)
  • X線CT(GE Optima CT660 Pro FD)64列
  • MRI(GE Signa HDxt Optima Edition 1.5T)
  • ポジトロンCT(PET-CT)(Siemens Biograph mCT40)
  • 骨密度測定装置(GE DPX-BRAVO)

病診連携

当科では病診連携のため、地域の医療機関からの依頼検査も承っています。

1. X線CT(64列マルチスライス)

予約電話で検査予約を受け付けます。
電話: 052-835-3811(代表) 放射線科医師に繋いでください。
依頼内容を担当医師がお聞きし、緊急性・造影の必要性などを確認のうえで検査日時を決定します。
(担当医師が不在の場合、後日改めて検査依頼をお願いする場合があります)
お申し込みには患者さんの氏名、性別、生年月日が必要です。
患者様には紹介状をお渡しください。
造影検査の場合
・造影剤に対する重篤な副作用あるいはアナフィラキシー反応の既往がある方はお受けできません。
・造影剤腎症予防のため、eGFR値(30ml/min./1.73m2)が必要となります。
・お申し込み時に3ヶ月以内のeGFR値を確認させていただきます
 (クレアチニン値から計算もできます)。
・検査当日に当院で採血させていただいて判定することもできますが、
 判定のために約1時間早めにご来院いただくことになります。
・採血結果によっては造影検査をお断りする場合があります。
・eGFR値が45ml/min./1.73m2未満の場合には、検査前後に十分な補液をして造影検査を行うことを
 お薦めします。
検査結果検査後、患者様に検査報告書と画像データ(CD)をお渡しします。
(リハビリセンターはフィルムレスになりましたので、フィルムでの画像提供はできません)
当院では検査結果説明を行っていません。
結果説明は依頼医療機関でお願いします。

2. 冠動脈CT(64列マルチスライス)

予約電話で検査のための循環器内科診察予約を受け付けます。
電話:052-835-3811(代表) 放射線科医師に繋いでください。
依頼内容を放射線科医師がお聞きし、まず循環器内科診察日時を決定します。
(放射線科医師が不在の場合には、後日改めて検査依頼をお願いする場合があります)
お申し込みには患者さんの氏名、性別、生年月日、3ヶ月以内のeGFR値が必要です。

循環器内科診察と冠動脈CT検査の日は原則的に別の日です。
少なくとも2回来院していただくことになります。

禁忌事項
・造影剤に対する重篤な副作用あるいはアナフィラキシー反応の既往がある方
・高度腎機能障害(eGFR値が30ml/min./1.73m2未満)の方
・妊娠中の方
・15秒程度の呼吸停止ができない方
・βブロッカーを使うことができない方
・心房細動がある方
・ペースメーカー植込後で、基本レートを70/分以上に設定してある方
 (不明の場合は循環器内科診察時にペースメーカー手帳を持参させてください)

注意事項
eGFR値が45ml/min.1.73m2未満の方は、検査前後に十分な補液をして造影検査を行うことを
 お薦めします。

以下の場合は良好な画像が得られない可能性があることをあらかじめご了承ください。
・検査中に不整脈が頻発した場合
・検査中頻脈であった場合
・冠動脈の石灰化が強い場合
・20G留置針を用いての血管確保ができなかった場合
・十分な呼吸停止ができなかった場合
・検査中に体動があった場合
・ペースメーカーはペーシングリードアーチファクトによる画質低下を引き起こす可能性があります
循環器内科
診察当日
循環器内科医師が診察を行い、検査適応を判断します。
詳細な検査説明を行い、検査同意書をいただきます。
検査日程を調整します。
検査当日循環器内科医師が診察を行い、βブロッカー内服の必要性を判断します。
20G留置針で血管確保します。
循環器内科医師、放射線科医師が共同で造影CT検査を行います。
脈拍数によってはβブロッカーを追加で注射させていただくことがあります。
検査結果画像処理時時間がかかりますので、検査報告書と画像データ(CD)は当院循環器内科より依頼医療機関宛に後日郵送します。
(リハビリセンターはフィルムレスになりましたので、フィルムでの画像提供はできません)
当院では検査結果説明を行っていません。
結果説明は依頼医療機関でお願いします。

3. MRI (1.5T)

予約電話で検査予約を受け付けます。
電話: 052-835-3811(代表) 放射線科医師に繋いでください。
依頼内容を医師がお聞きし、緊急性・造影の必要性などを確認のうえで検査日時を決定します。
(医師が不在の場合、後日改めて検査依頼をお願いする場合があります)
お申し込みには患者さんの氏名、性別、生年月日が必要です。
患者様には紹介状をお渡しください。
造影検査の場合
・造影剤に対する重篤な副作用あるいはアナフィラキシー反応の既往がある方はお受けできません。
・腎性全身性線維症予防のため、eGFR値(30ml/min./1.73m2)が必要となります。
・お申し込み時に3ヶ月以内のeGFR値を確認させていただきます
 (クレアチニン値から計算もできます)。
・検査当日に当院で採血させていただいて判定することもできますが、
 判定のために約1時間早めにご来院いただくことになります。
・採血結果によっては造影検査をお断りする場合があります。
・eGFR値が45ml/min./1.73m2未満の場合には、代替検査が無いか検討の上でどうしても必要な場合のみお申し込みください。
注意事項MRI検査は次の方にはできません。
  • 心臓ペースメーカーをいれている方
  • 閉所恐怖のある方
  • 刺激電極を埋め込んでいる方

次の方は注意が必要です。
  • 脳に圧調整式シャントを入れられている方
  • ステントを入れて間もない方
  • 妊娠中の方
  • 刺青、アートメイクのある方
  • カラーコンタクトレンズを装着されている方
検査結果検査後、患者様に検査報告書と画像データ(CD)をお渡しします。
(リハビリセンターはフィルムレスになりましたので、フィルムでの画像提供はできません)
当院では検査結果説明を行っていません。
結果説明は依頼医療機関でお願いします。

4.骨密度(DEXA法)

当院の骨密度測定はDEXA法です。
腰椎と大腿骨の骨密度を測定します。
検査時間はおよそ15分程度です。
予約電話で検査予約を受け付けます。
電話:052-835-3811(代表)  放射線科医師に繋いでください。
当院は検査センターではありませんので、検査の前に医師の診察が必要です。
医師のスケジュールを確認しつつ、検査日時を決定します。
(担当医師が不在の場合、後日改めて検査依頼をお願いする場合があります)
お申し込みには患者さんの氏名、性別、生年月日が必要です。
患者様には紹介状をお渡しください。
注意事項骨密度検査は4ヶ月に1回しか検査することができません。ご注意ください。
検査結果検査後、患者様には検査結果(患者様用)の印刷物をお渡しします。
また、貴院用として検査報告書と検査結果データ(CD)をお渡しします。
当院では検査結果説明を行っていません。
結果説明は依頼医療機関でお願いします。

ポジトロンCT (PET-CT)

当院のPETカメラは2014年4月にPET-CTになりました。
最新鋭の機器で、質の高い検査を提供します。
尚、当院ではアンモニアを用いた保険適応検査はお受けしておりません。

1. FDGを用いた保険適応検査

<注意>
保険適応検査のみお受けしています。
当院では人間ドック、検診のコース設定はありません。

<保険適応:早期胃がんを除く悪性腫瘍>
他の検査、画像診断により病期診断、転移、再発の診断が確定できない場合に使用する。
(病理診断による確定が得られなかった場合は、臨床上髙い蓋然性をもって悪性腫瘍と診断された場合に限る)
疑い病名では原則的にお受けすることができません。
予約
  • ファックスで検査予約を受け付けます。
    FAX: 052-835-4573(放射線診断科受付直通ファックス専用)
  • 下記より申込用紙をダウンロードし、必要事項をすべて記入してファックスでお申し込みください(特に体重は重要です)。
  • 検査日を決定後、後ほど予約回答書をファックスでお送りします。(医師が不在の場合、予約回答が後日になる場合があります。FAXと併せてお電話いただけると確実です)
     電話:052-835-3811(代表) 放射線科医師に繋いでください。
  • 申込用紙の記入内容に不足がある場合はお受けできかねる場合があります。
注意事項当日は検査着に着替えていただきますので、着脱の容易な服装で来院されるようにご指導ください。
検査薬の静注前4時間は糖分の入った飲食物はお控えください(糖分の入っていないお茶、お水は構いません)。糖尿病等で血糖値の高い方は良好な画像が得られません。
検査前日および当日は過度の運動は避けるよう、ご指導ください。
検査当日医師の診察後に検査を行います。
診察から検査終了までには約3時間を要します。
検査費用が高額ですのでご注意ください。(3割負担の方で約3万円必要です。)
検査結果検査結果(検査報告書と画像CD)は後日、依頼医療機関宛に郵送いたします。(原則翌日発送)
(リハビリセンターはフィルムレスになりましたので、フィルムでの画像提供はできません)
当院では検査結果説明を行っていません。
結果説明は依頼医療機関でお願いします。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


2. 15-0標識ガス剤を用いた検査

CBF , OEF , CMRO2 , CBVを算出します(その場合、動脈採血が必要です)。
予約電話で放射線診断科医師までお問い合わせください。
電話: 052-835-3811(代表) 放射線科医師に繋いでください。
依頼内容を確認のうえで、検査日程を調整させていただきます。
お申し込みには患者さんの氏名、性別、生年月日、連絡先電話番号、体重が必要です。
注意事項当日は検査着に着替えていただきますので、着脱の容易な服装で来院されるようにご指導ください。
食事制限はありません。
動脈採血を行いますので、同意書が必要です。
(同意書の定形フォームはありませんので、貴院の様式で結構です)
検査当日医師の診察後に検査を行います。
問診から検査終了までには約3時間を要します。
検査費用が高額ですのでご注意ください。(3割負担の方で約2万5千円必要です。)
検査結果検査結果(検査報告書と画像CD)は後日、依頼医療機関宛に郵送いたします。(原則翌日発送)
当院では検査結果説明を行っていません。
結果説明は依頼医療機関でお願いします。

保険適応外検査

上記以外にも保険適応外の検査が可能です。(共同研究)
(例)11C-methionin , 11C-NMSP , 11C-acetate ,15O-H2O,18F-FDG , 18F-DOPA , 18F-FMZ
お申し込み電話で放射線診断科医師までお問い合わせください。
電話番号 052-835-3811 (代表)