グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




リハビリテーションセンター附属病院

整形外科

診療スタッフ

氏名役職専門医等卒業年
松井宣夫名誉センター長
  • 整形外科専門医(日本整形外科学会)
  • リウマチ専門医(日本リウマチ学会)
  • 日本リウマチ学会指導医
  • 日本リウマチ財団登録医
  • リハビリテーション科専門医(日本リハビリテーション医学会)
  • 日本整形外科学会脊椎脊髄病医
  • 日本脊椎脊髄病学会指導医
昭和38年
河合憲一名誉附属病院長
  • 整形外科専門医(日本整形外科学会)
  • 日本脊椎脊髄病学会指導医
昭和47年
小島洋手術部長
  • 整形外科専門医(日本整形外科学会)
  • 日本整形外科学会脊椎脊髄病医
平成5年
長尾沙織第2リハビリテーション部長
  • 整形外科専門医(日本整形外科学会)
平成7年
窪田泰浩整形外科医師
  • 整形外科専門医(日本整形外科学会)
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • リウマチ専門医(日本リウマチ学会)
  • 日本リウマチ財団登録医
平成2年

対象疾患と特色

整形外科は、骨折・脱臼・靭帯損傷などの外傷や脊椎・末梢神経、関節など運動器の病気を診療する科ですが、1989年のセンター開設以来名古屋市・東海地区のリハビリ中核施設の整形外科として、外来診療から入院による高度な手術・リハビリまで総合的な治療を行なっています。
現在2名の日本整形外科学会専門医が常勤しており、特に脊椎・末梢神経疾患、関節疾患、リウマチの診断・治療に力を入れいます。MRI・三次元CT・ポジトロンCT(PET)や筋電図などの診断機器を完備し、関節リウマチ・脳性麻痺・胸郭出口症候群・梨状筋症候群などの疾患にも豊富な経験があり、最新の治療を提供しています。
外来は初診・再診ともに完全予約制ですが、詳しくは整形外科外来までお尋ねください。

脊椎・脊髄・末梢神経疾患について

1.対象となる疾患

頚椎・胸椎の疾患
  • 頚椎症
  • 頚椎・胸椎椎間板ヘルニア
  • 脊柱靭帯骨化症…後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症
  • 外傷…頚椎捻挫、骨折、脱臼
腰椎の疾患
  • 急性腰痛症(ぎっくり)
  • 腰椎症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 脊椎分離症・すべり症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 外傷…腰椎捻挫、骨折、脱臼
脊柱全般の疾患
  • 骨粗しょう症…脊椎骨折、遅発性脊髄麻痺、後彎変形
  • リウマチ…脊椎炎、亜脱臼、脊髄麻痺
  • 感染症
  • 脊椎腫瘍
  • 破壊性脊椎症…腎不全による
  • 脊柱彎曲異常…側彎症、後彎症
脊髄の疾患
  • 脊髄腫瘍
  • 脊髄空洞症
  • 脊髄血管障害
  • 平山病
末梢神経の病気
  • 絞扼性障害…手根管症候群、肘部管症候群、ギヨン管症候群
  • 足根管症候群、腓骨神経麻痺
  • 胸郭出口症候群
  • 腕神経叢損傷
  • 梨状筋症候群
  • 末梢神経炎…糖尿病など
  • 腫瘍

2. 検査

画像
  • レントゲン
  • CT
  • MRI
  • 超音波
  • ポジトロンCT(PET)など
血液
電気生理診断
  • 定量的筋電図
  • 神経伝導速度
  • 体性感覚誘発電位(SEP)
  • 運動誘発電位(MEP)
  • 術中脊髄モニタリング
  • 電流知覚閾値検査 など
造影検査
  • 神経根
  • 椎間板
  • 脊髄
  • 腕神経叢
  • 坐骨神経
リハビリ評価
  • 筋力
  • 関節可動域
  • 日常生活動作 など

3.治療

薬物
関節注射
神経ブロック
手術
  • 椎弓切除術・椎弓開窓術・脊椎固定術
  • 椎弓形成術
  • 顕微鏡下ヘルニア摘出術
  • 脊椎インスツルメンテーション腫瘍摘出術
  • 関節リウマチの頚椎手術
  • 胸・腰椎固定手術 など
リハビリ
  • 理学療法(PT)
  • 作業療法(OT)
  • 心理療法
装具療法
  • コルセット
  • 各種ブレース

関節疾患について

1.対象となる疾患

  • 関節疾患全般…特に変形性関節症,関節リウマチについては特別外来を設けている

2. 可能な検査

  • 一般レントゲン写真、採血(リウマチ因子抗CCP抗体など)
  • CT、MRI…中でもMRIにより早期リウマチの診断、治療効果の判定に役立てている

3.治療

薬物療法リウマチ指導医・専門医の指導の元に、関節リウマチに対しては積極的に抗リウマチ薬・生物学的製剤を使用して効果をあげている。
関節注射変形性関節症・関節リウマチに対してヒアルロン酸製剤・ステロイド剤を注射している。
白血球除去療法薬の副作用などで薬物療法ができない関節リウマチの方に副作用のほとんどない白血球除去療法(LCAP)をおこなっている。
手術人工股関節全置換術、人工膝関節全置換術、滑膜切除術、膝関節鏡、手関節形成術、足趾関節切除形成術などをおこなっている。クリーンルームの設置がある。
理学療法理学療法士による各種リハビリ。
装具療法膝装具,足底板などの作成。

4. その他

リウマチ友の会と協力して,リウマチ療養相談会を定期的に開催し,患者さんの啓発と交流の場を設けている

初診の方へ

予約制になります。電話でお申し込みください。
窓口総合相談室
電話052-835-4005
電話受付時間月曜日から金曜日の8時45分~17時30分(祝日、年末年始を除く)