グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




リハビリテーションセンター附属病院

作業療法科

作業療法とは

身体に障害のある人または老年期に障害のある人などを対象とし、基本能力(運動機能・精神機能)、応用能力(食事やトイレなど生活で行われる活動)、社会生活適応能力(地域活動への参加・就労就学の準備)の維持・改善を目的として、日常生活の「作業活動」を手段とした治療や援助を行うリハビリテーション部門の一つです。

主な対象者

当センターでは、脳卒中・頭部外傷・脊髄疾患・神経筋疾患等のさまざまな障害のある入院・外来患者様に対して作業療法を提供しています。

主な業務内容

身体機能
の評価・訓練
関節可動域・感覚・上肢機能などについて評価し、身体機能の維持・改善を目的とした訓練を行います。
日常生活活動・
日常生活関連活動訓練
食事・更衣・排泄・整容等の基本的動作、掃除・調理等の応用的動作の自立・介助量軽減を目的として、個々に合ったより適切な方法を訓練・指導します。また、生活環境の設定、福祉機器や自助具の利用を検討します。
高次脳機能
評価・訓練
記憶・注意・視空間認知などの高次脳機能を評価し、認知訓練や補償行動の獲得訓練を行います。
自動車運転評価・
適応訓練
運転操作の適性について自動車シミュレーション装置を用いて評価します。また、改造機器の適応訓練も行います。
休日訓練入院患者様を対象に、訓練効果をあげるため休日訓練を提供しています。

ご利用について

当センター主治医の診察が必要です。

  • 初めての受診は、電話でお申し込みください。
  • 当センターをご利用中の方は、当センターの主治医にご相談ください。
電話052-835-3811
電話受付時間月曜日から金曜日の8時45分~17時30分(祝日、年末年始を除く)