グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




リハビリテーションセンター附属病院

薬剤科

お知らせ

外来患者様へ

ジェネリック医薬品(後発医療品)をご希望の有無を医師または薬剤師にお伝えください。
2008年4月1日から医師の署名がなくても調剤薬局でジェネリック医薬品に変更することができるようになりました。
調剤薬局に薬を取りに行ったら知らないうちにいつもと違う薬になっていたという場合が出てくるかもしれません。
ジェネリック医薬品をご希望されない方は必ず医師または薬剤師にお伝えください。
(ジェネリック医薬品・・・下記Q&A4を参照)

薬についてQ&A [よくあるご質問から]

Q1:薬をのむのを忘れました。どうしたらよいでしょう?

一般的なお薬では飲み忘れに気がついたらすぐ飲むのがよいでしょう。
ただし、そのお薬の次に飲む時間が近い場合はその時間にいつもどおりのお薬の量を飲むことをおすすめします。
また1週間に一度決められた曜日にしか飲まないようなお薬についてはそのお薬を次に飲む曜日が翌日などといった場合は次の決められた曜日にいつものお薬の量を飲むようにしてください。
お薬の種類によって対処方法が違ってきます。
判断に迷われるような場合にはご相談ください。
お薬は大切です。飲み忘れないよう工夫しましょう。

Q2:薬の保管はどうしたらいいの?

薬は湿気に弱いものが多いので湿気のはいりにくい缶などに乾燥剤と一緒に入れておいてください。
また薬の入った缶自体を直射日光のあたるところや湿気の多いところに置くことは避けてください。
水薬や点眼薬など冷所で保管するよう記載や指導があった薬品については冷蔵庫で保管してください。

Q3:院外処方って何?

病院の中ではなく街の薬局で薬を受け取ることです。調剤専門の薬局、一般の薬も売っている薬局、ドラッグストアなどいろいろなお店がありますが保険調剤を扱っているところならどの薬局でも結構です。また薬局を変えることもできますがファックスを送った後は必ずその薬局に4日以内に行ってください。
病院の中の薬局ではできないような他の病院からの薬との重複や相互作用のチェックなどが受けられるのが一番の利点です。ご自分が行きやすいかかりつけ薬局を決めておくことをおすすめします。

Q4:ジェネリック医薬品(後発医薬品)って何?

日本で最初に発売したメーカーの医薬品は先発医薬品と言い、その薬の特許期間が終わった後に同一成分を使って他メーカーが発売する医薬品をジェネリック医薬品または後発医薬品と言います。ジェネリック医薬品は先発医薬品に比べて安価なのが特長なので自己負担分を安くできるのが最大の特長です。
ただし、病名によっては使えなかったり、先発医薬品と製造方法が異なるので人によってはあわなかったり、副作用が出たときにメーカーでデータを持っていないことが多いので対応に時間がかかったりすることがあります。ジェネリック医薬品のご希望の有無を医師または薬剤師にお伝えください。

Q5:薬は何日分までもらえるの?

薬がもらえる日数の限度は薬によって異なりますが厚生労働省によって決められています。てんかんの薬では90日、いわゆる安定剤とよばれるものでは30日までというものもあります。新しい薬など14日分しか出せずしばしば薬を取りにきていただかなくてはならない場合もあります。申し訳ありませんがご協力お願いいたします。

Q6:薬は食後に飲むの?

薬は胃を痛めたりしないように、飲み忘れがないようになどの理由で食後に飲むのが一般的です。しかし体内に食べ物が入っていると薬の吸収が妨げらるなどの理由で食前や食後2時間に飲む薬もあります。薬の効果や効果の出る時間を考えて寝る前や起床時などといった時間に飲むこともあります。
いろいろ考えてその薬を飲む時間が決められているので薬の袋に書かれている通り飲んでください。また、薬の中にはグレープフルーツジュースや納豆などの食品をとると薬の効果に影響が出るものもあります。医師や薬剤師から制限するよう指導を受ける場合もありますのでご注意ください。

Q7:低血糖が起こったら砂糖やぶどう糖をとるよう言われたんですがそれって何?

血液中の糖の値が下がっている状態で強い空腹感や手足のふるえ・冷や汗・動悸・やる気が起こらなくなるなどの症状があらわれます。このような時は血糖値をあげなくてはならないので砂糖やぶどう糖をとります。
糖尿病の薬を飲んだり注射している場合に言われることの多い注意ですが必ずあらわれるという訳ではありません。薬によって砂糖では効果が出るのが遅いのでぶどう糖をとらなければならないものもあります。ぶどう糖をとらなければいけない薬の時はぶどう糖を持ち歩くようにしましょう。ぶどう糖をお持ちでない方は医師または薬剤師に伝えていただければお渡しいたします。
何か薬でお困りのことがありましたら薬局窓口でお尋ねください。

ご利用について

当センター主治医の診察が必要です。

  • 初めての受診は、電話でお申し込みください。
  • 当センターをご利用中の方は、当センターの主治医にご相談ください。
電話番号052-835-3811
電話受付時間月曜日から金曜日の8時45分~17時30分(祝日、年末年始を除く)