グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




リハビリテーションセンター附属病院

言語聴覚科

言語療法とは

言語訓練室にて

私たち言語聴覚士(ST)は、「話すこと」や「聞くこと」「食べること」の、改善や工夫による生活の向上を目指して、評価・訓練・指導を行います。できないことへのアプローチと同時に、残った能力を生かす訓練も同時に行います。ご本人とご家族が生き生きとした社会生活を送れるように、援助させていただきます。

主な対象者

失語症脳卒中や頭部外傷などが原因で脳が損傷を受けることによって、一度獲得された「聞く」「読む」「話す」「書く」という、ことばの機能が損なわれた状態です。
構音障害神経や筋の病変などにより、唇や舌が動きにくくなり、話し言葉が全体的に不明瞭になったり、不自然さが感じられるようになった状態です。
音声障害声帯の異常によりガラガラ声やかすれ声になったり、声がちいさくなったりするなど、声の質が損なわれた状態です。
嚥下障害食べ物がうまく噛めない、口の中に残ってしまう、食事をするとむせてしまう、管で栄養をとっている、など「食べる」ことが損なわれた状態です。
高次脳機能障害注意や記憶、計画性などが低下し、社会生活をスムーズに送ることができなくなった状態です。

主な業務内容

入院患者様、外来患者様を対象として

言語機能や嚥下機能といった機能そのものの改善に加え、より実用的なコミュニケーション能力の向上など、改善・工夫による生活の向上を目的として、検査・評価・プログラム立案・訓練・指導を行います。
1.検査必要な検査を行います。
2.評価・プログラム立案ログラム立案:検査結果、全体の観察から評価を行います。それに加えて、発症からの期間、重症度、年齢、個性などを考慮します。
3.訓練・指導
4.再検査訓練効果の確認などのために行い、その結果によりプログラム立て直しなどを行います。

介護保険ご利用者様を対象として

介護保険・通所リハビリの言語部門(失語症の患者様を対象)を担当しています。

休日訓練

入院患者様を対象に、訓練効果をあげるため休日訓練を提供しています。

ご利用について

当センター主治医の診察が必要です。

  • 初めての受診は、電話でお申し込みください。
  • 当センターをご利用中の方は、当センターの主治医にご相談ください。
電話052-835-3811
電話受付時間月曜日から金曜日の8時45分~17時30分(祝日、年末年始を除く)