グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > リハビリテーションセンター附属病院  > 部門紹介  > 高次脳機能障害支援部

リハビリテーションセンター附属病院

高次脳機能障害支援部

診療スタッフ

氏名役職専門医等卒業年
深川 和利高次脳機能障害支援部長神経内科専門医(日本神経学会)昭和63年

対象疾患と特色

頭部外傷やくも膜下出血の後、四肢の麻痺や失語など目立った後遺症もなく回復し日常生活も自立できたにもかかわらず、以前のように仕事ができなくなった、家族とうまく接することができない等の問題が起こることが少なからずあります。
退院するときには「もう病院で治療するような症状はありませんよ。」といわれたのに・・・。誰かに相談することもできず一人思い悩む。
これは「高次脳機能障害」という、脳損傷に伴う後遺症の一つですが、まだ社会一般での認知度が低く、適切な治療を受ける機会が少ないのが現状です。 脳損傷に伴う高次脳機能障害は治療の対象となる症状です。注意の障害・記憶の障害・遂行機能の障害・社会的行動の障害などの症状が現れます。
当センターでは高次脳機能障害にお悩みの方々に対して、病院レベルでの認知リハビリテーションから、社会復帰に向けてのご本人・ご家族に対する心理的サポート、職場や学校等への社会的アプローチまで幅広い支援活動を行っています。

初めての受診についてのお問い合わせ先

窓口名古屋市総合リハビリテーションセンター 総合相談室
電話番号052-835-3811
電話受付時間月曜日から金曜日の8時45分から17時30分(祝日、年末年始を除く)

高次脳機能障害支援

名古屋市総合リハビリテーションセンターでは、高次脳機能障害の方々の安定した生活や、社会参加をめざして、医療や福祉サービスを行います。

詳細は高次脳機能障害支援のご案内をご参照ください。