グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 研究活動

研究活動

名古屋市総合リハビリテーション事業団では経営戦略計画に基づき、研究・開発の促進及び人材育成の観点から、企画研究局を中心にして研究活動を推進しています。


企画研究局を含めた、事業団における研究の一部を紹介します。


より高度なリハビリテーション技術の研究開発を推進し、市民福祉の向上に寄与することを目的に、リハビリテーション研究基金を設け積立金の利息で研究事業を行っています。


事業団職員による著書、論文、学会発表、講演会、シンポジウム、研修会・講習会等の業績を紹介しています。


レントゲン、CT、MRIは主に組織の姿・形を観察するための検査(形態画像)であるのに対し、ポジトロンCTは生理学的な情報を画像化し、生体の機能を観察することができる検査(機能画像)です。このページでは、ポジトロンCT検査の概要と使用する薬剤について説明しています。


名古屋市総合リハビリテーション事業団で行われる人を対象とした研究は、原則として対象となる方からインフォームド・コンセント(説明と同意)を受けて行われますが、一部の研究については、研究に関する情報を研究対象となる方等に公開し、拒否する機会を保障するオプトアウトの方法を用いて同意に代えさせていただいております。
もし、研究対象となる方等で診療情報等を研究で用いることに同意されない方や、研究に関してご質問等がある方は、それぞれの研究の連絡先にお申し出ください。同意されない場合でも、なんら不利益を受けることはありません。