グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 研究活動  > 研究基金  > 最近の研究成果  > 当院における上水道飲料水蛇口の抗酸菌生息調査と院内感染機会の検討

研究活動

当院における上水道飲料水蛇口の抗酸菌生息調査と院内感染機会の検討

名古屋市総合リハビリセンター整形外科
大谷 真史

関節リウマチ(以下RA)は様々な遺伝的・環境的要因により全身の関節に多発性の炎症が生じ、寛解・憎悪を繰り返しながら骨・軟骨組織を破壊する難治性自己免疫疾患の一つである。近年、種々の生物学的治療薬の開発が進みRAの疾患コントロールは飛躍的に向上し寛解導入のみならず根治までも期待可能になりつつある。しかしながら生物学的治療薬はその作用が強力な故に、患者本来のもつ免疫能を低下させることから感染症に対する抵抗力を低下させ臨床的に大きな問題となることがある。特に結核および非定型抗酸菌感染症は臨床的にも難治であり注意の必要な感染症である。結核はヒト-ヒト感染症であることから臨床的にも診断・治療が確立しているが、非定型抗酸菌症については未だ研究途上の領域である。
関節リウマチの生物学的製剤による治療を行う際に合併症として抗酸菌感染症があり、感染源として、上水道蛇口に注目して抗酸菌の生息状況を調査した。
上水道蛇口の擦過により検体を採取。グラム染色及び抗酸菌染色にて菌体の確認を、同時にマイコバクテリア属菌を検出するPCRおよび小川培地に塗布して、生菌の検出を行なった。
当院30箇所の検体をグラム染色及び抗酸菌染色したが、菌体を確認できなかった。PCRでは、増幅バンドが2箇所から確認され、そのうち1箇所では再現性があった。小川培地へ接種では、12週間経過してもコロニー形成は認めなかった。岐阜県下医療系大学の学内では、10箇所の検体のうち2箇所から、遺伝子の検出と小川培地でコロニー形成を認めたので、本研究の結果は正当性があると判断した。
当院上水道蛇口の生息調査では、抗酸菌の生存がないことから、日常の掃除時の清浄維持行動がよいと考えられる。
検体試料採取水道蛇口リスト(1回目、平成24年5月11日) 計60箇所
外来(外)西トイレ玄関わき女北血液検査東北PT控室食堂東配セン室
外来(外)東トイレ玄関わき女南血液検査西PT室トイレ西2階病棟東中材東
外来(外)新障害者用男採尿室PT室トイレ東2階病棟東中材西‐東
処置室(南)障害者用女放射線科PT室事務室2階病棟東中材西‐西
処置室(北)薬局(西)OT室北PTADL室北2階病棟西OP室NS控室
外来(内)東薬局(東)OT室南PTADL室南洗面 南PO室手洗い東
外来(内)西リハ室横トイレ西OT室木工2F NS洗面 南PO室手洗い中
会計水道リハ室横トイレ東OT室事務室2F 奥洗面 南PO室手洗い西
トイレ玄関わき男南生理検査室PT室北処置室東洗面 北心理前トイレ東
トイレ玄関わき男北血液検査東南PT室南処置室西トイレ男心理前トイレ西

検体試料採取蛇口リスト(2回目;平成24年8月29日) 計30箇所
外科1番診察室薬局第2W 洗濯室
外科3番診察室1階トイレ(東)玄関横第2W トイレ
化学療法室OT室(金工木工室)第1W NSステーション
外科10診察室OT室(西)第1W トイレ洗面
処置室PT室(北)第1W 食堂手洗い
生理検査室PT室(南)2階16班トイレ
血液・生化学検査室(西)PT室(ADL室)4階トイレ
血液・生化学検査室(東)第2W NSステーション職員休憩洗面
採血室第2W 処置室職員休憩ポット
1階トイレ(西)玄関横第2W 洗面医局洗面

PCR試料
試料B2.0 μL
10X Taq Buffer1.0 μM
25mM dNTP0.8 μL
10mM/μL primer F0.5 μL
10mM/μL primer R0.5 μL
EX Taq (Takara)0.25 μL
ddH2O4.95 μL
Total volume10 μL

PCR反応サイクル
温度時間サイクル数
98℃1 min1回
98℃10sec30 回
55℃30sec
72℃1min
72℃5min1回

当院PCR結果

図1 当院PCR結果

共同研究施設PCR・培養結果

図2 共同研究施設PCR・培養結果