グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 研究活動  > 業績一覧  > 著書

研究活動

著書

平成27年度(3件)

・田中芳則
ITサポート事例集3
2016年3月31日
20事例収録、全24ページ

・小川智樹
"新版
障がい者スポーツ指導者教本 初級・中級"
株式会社 ぎょうせい
"第Ⅳ編 全国障害者スポーツ大会 第15章全国障害者スポーツ大会種目別の指導法
7 車椅子バスケットボール"

・大河原裕貴
"新版
障がい者スポーツ指導者教本 初級・中級"
株式会社 ぎょうせい
"第Ⅳ編 全国障害者スポーツ大会 第15章全国障害者スポーツ大会種目別の指導法
3 アーチェリー"

平成26年度(4件)

・田中芳則
役に立つ福祉用具の現状と今後~ユーザニーズに合った商品と介護ロボットの登場~ (P2~3)
登要会なごや会報67号 ※名古屋市登録要約筆記者の会(通称:登要会なごや)
2014年6月23日
介護保険で利用でき、ユーザのニーズに合う最新の福祉用具の紹介、自助具及びプラザで展示している介護ロボットの紹介

・白井智之
"病理と臨床
職業・環境発がん:メカニズムと病理 環境発がんの歴史 ー日本の現状ーvol.32 "
東京・文光堂・本郷
2014年6月
p606ー613

・深川和利、藤山美由紀、若林望嘉、佐々木照子
NANDA-Iの看護診断にもとづく高次脳機能障害の標準看護計画
メディカ出版
2014年11月1日
2章、3章、4章、5章、6章

・渡辺崇史、冨板充
"理学療法Journal of Physical Therapy Vol.31 No.11 2014 
特集 立ち上がり・着座動作障害と理学療法"
メディカルプレス
2014年11月
立ち上がり・着座動作障害と環境整備

平成25年度(6件)

・万歳登茂子 脳性マヒの二次障害実態調査実行委員会、小川鉄男
成人脳性マヒ ライフ・ノート(86-91頁)
株)クリエイツかもがわ
2013年4月
「ボツリヌストキシン-A(ボトックス)による脳性マヒのジストニア、痙縮の治療の実際」

・藤山美由紀
ブレインナーシング「脳卒中リハ看護+実践報告 高次脳機能障害患者のアセスメントと看護計画 前交通動脈破裂のクモ膜下出血による見当意識障害、記憶障害、病識欠如」
メディカ出版
2013年5月1日

・白井智之
伊東毒性病理学 pp313 - 321
高橋道人・福島昭治 編 丸善出版
2013年7月30日

・稲葉健太郎
産業看護 5巻5号 困ったら聞いてみよう!産業看護実践Q&A P106-107
メディカ出版
2013年9月

・大久保薫、加藤恵、小島一郎、坂本洋一、鈴木智敦、曽根直樹、遅塚昭彦、福岡寿、吉田展章
三訂 障害者相談支援従事者初任者研修テキストp331-333
中央法規
2013年12月1日
Ⅱ編 演習編まとめ

・Shirai T., et al.
IARC monograph Non-Ionizing radiation, Part 2:Radiofrequency electromagnetic fieild Vol 102
France Lion, International Agency for Research on Cancer WHO
2013

平成24年度(7件)

・坂井謙介
2012健康キャラバン
法研中部
2012.4
全項 監修

・林志穂、坂井謙介
翔 18号 87-90
名古屋市民間児童入所施設連絡協議会
2012.4
全項 監修

・鈴木智敦
リハビリテーション研究 NO.151 P38~P40
(財)日本障害者リハビリテーション協会
2012.6.1
地域移行支援を考える-総合リハビリテーションの視点-
「相談支援における個別支援計画とリハビリテーション」

・藤山美由紀
リハビリナースVol.5 No.4(P22~28、P37~41)
メディカ出版
2012.7.10

・相澤欽一、朝日雅也、小川浩、倉知延章、八重田淳ほか共同執筆、稲葉健太郎
職業リハビリテーションの基礎と実践 障害のある人の就労支援のために
日本職業リハビリテーション学会
2012.9.15

・稲葉健太郎、角谷勝己、栗谷佳孝、清水崇志、桂川孝文、小川智樹、佐野恭子、古谷香奈
一般就労している障がい者の余暇活動に関する実態調査報告書
一般就労している障がい者の余暇活動に関する実態調査研究会
2012.12
序章

白滝龍昭
リハビリテーション専門病院で働く臨床検査技師
MEDICAL TECHNOLOGY
第41巻  第2号  P210~211
2013.2.15

平成23年度(7件)

・石村祐輔、岩渕典仁、梅崎多美、臼井永男、大河原裕貴、太田美佳、加藤直美、木畑聡、久保田崇之、小林岳雄、齋藤健夫、高橋春一、寺本朋弘、内藤舞、佐々木希、服部直充、福田直美、藤田治美、渡邊勝平
障害者・高齢者のためのリハビリテーション体育 67-75
編著者:リハビリテーション体育研究会 発行者:関澤庄司 発行所:サンウェイ出版
平成23年5月10日
第5章 リハビリテーション体育補装具論
 
・武田泰子、山本浩司、武田裕
月刊レジデント 2011年6月号
医学出版
平成23年6月1日
第4章 右心不全と腎
 
・柴田義守(執筆)、松井宣夫、和田郁雄(監修)
外反母趾FAQ~予防・治療の実践ガイド
診断と治療社
平成23年8月31日
 
・大河原裕貴
World Archery Para Championships 2011
J.S.A.D SPORTS  
平成23年9月
2011SEPTEMBER VOL.47 27
  
・藤山美由紀、石鍋圭子 他
脳卒中リハビリテーション看護秋期増刊号(P92~98,140~141)
石鍋圭子編集・メディカ出版
平成23年10月1日
2章C,3章A-10
 
・阿部順子、蒲澤秀洋(監修) 
長野友里、日比野新、深川和利編集
相沢亜由美、浅田樹里、安藤麗華、稲葉健太郎、門脇久美子、曽我亜紀子、橘美江、長野友里、八田京子、深川和利、藤山美由紀、淵上志織、松本史織、若林望嘉(著)
50シーンイラストでわかる 高次脳機能障害「解体新書」
名古屋市総合リハビリテーションセンター
平成23年12月1日
 
・武田泰子, 武田裕
肺高血圧症診療マニュアル
南江堂
平成24年3月25日
V章 その他の肺動脈性肺高血圧症の診療指針と実践 第4項 HIV感染症に関連する肺動脈性肺高血圧症

平成22年度(6件)

・松井宣夫
正夢となったホールインワン、臨床雑誌「整形外科」喫茶ロビー61巻・7号、672、2010

・松井宣夫
My Turning Point~関節リウマチとの出会い、Arthritis―運動器疾患と炎症― vol.8 No.3、234、2010

・長谷川真也、稲葉健太郎
特集/高次脳機能障害者の就労支援 「医療から就労支援までの連続ケアの有効性と疾患による特性」、Monthly Book Medical Rehabilitation No.119 p12-16、2010.6

・桂川孝文
実効性のある福祉用具の選択・利用について ~介護支援専門員など~、リハビリテーションエンジニアリング Vol.25 No.4 November 2010 p158~161、2010.11

・阿久津源太、石渡喜一、伊藤由麿、入江俊章、石川洋一、岩田練、大崎勝彦、加藤元久、加藤孝一、河島秀和、久下裕司、小嶋良紀、佐々木基仁、鈴木和年、高田由貴、高橋和弘、田沢周作、張明栄、寺崎一典、富吉勝美、豊原潤、中尾隆士、永津弘太郎、西嶋剣一、西山新吾、籏野健太郎、林和孝、原敏彦、福村利光、藤井亮、藤林靖久、二ツ橋昌実、船木善仁、古本祥三、間賀田泰寛、村上松太郎、三宅義徳、森哲也、山崎茂樹、渡辺利光
「[11C]mHED(メチルトリフレート法)」、PET用放射性薬剤の製造および品質管理 第4版 P172-174(分担執筆)(編集・出版 PET化学ワー クショップ)、2011.1

・蒲澤秀洋
高次脳機能障害、新・社会福祉士養成講座 1.人体の構造と機能及び疾病(第2版)p153-157、2011.2

平成21年度(4件)

・蒲澤秀洋
脳外傷後遺症による高次脳機能障害者の実情、交通事故損害額算定基準―実務運用と解説―2010、p331-354、(財)日弁連交通事故相談センター、2010.1

・八田武志、蒲澤秀洋、深川和利、日比野新、白滝龍昭、長野友里、阿部亜紀子、西出有輝子、相澤亜由美編著
飯田昭彦、小川鉄男、山田和雄研究協力
間瀬光人、阿部順子監修
認知機能回復のための訓練指導マニュアル―高次脳機能障害者を支援する―、メディカ出版、2009.8

・川上昇八、馬屋原誠司、殿村暁、長野友里、四宮美恵子、太田令子、上田幸彦、山館圭子、吉田香里、中島恵子編著
高次脳機能障害のグループ訓練、三輪書店、2009.10

・大河原裕貴
名古屋市障害者スポーツセンターにおける健康維持・体力づくり ~現状と方向性~、ノーマライゼーション障害者の福祉、(財)日本障害者リハビリテーション協会、2009.8