グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 事業団について  > 地域公益活動  > 居場所・サロン事業

事業団について

居場所・サロン事業

施設の機能を生かしたサロン活動の企画・運営を通じ、地域の方にちょっとした困りごとなどをお気軽に相談できる機会を提供します。


施設の機能を生かしたサロン活動の企画・運営を通じ、地域の方にちょっとした困りごとなどをお気軽に相談できる機会を提供します。


施設の機能を生かしたサロン活動の企画・運営を通じ、地域の方にちょっとした困りごとなどをお気軽に相談できる機会を提供します。


 社会貢献活動の「居場所・サロン活動」第7回目は、12月2日(金)に福祉スポーツセンターのスポーツ教室と共同開催という形で行われました。定員18名のところ、申し込みはおかげさまですぐに満員となりました。
 内容は①立ち上がりテストと2ステップテスト(歩幅計測)、ロコモ25(25項目の質問)からのロコモ度チェック、②保健師による講話、③体育指導員によるストレッチ等の実技と計2時間の内容でした。
 ところで皆さんは「ロコモ」ってご存知でしょうか?ロコモティブシンドローム(略称ロコモ)とは、骨・関節・筋肉といった運動器の機能が衰えることにより、「立つ」「歩く」といった移動機能が低下している状態、いわゆる足腰が弱った状態と言われます。
 ちなみに、今回の立ち上がりテストでは、40センチの高さの椅子に座って片脚で立ち上がれないとロコモ度1、20センチの高さでは両脚で立ち上がれないとロコモ度2、というテストを実施しています。皆さんはどうでしょうか?ご自宅などでぜひ試してみてください。
 講話は、ロコモティブシンドロームの原因、予防や改善のための生活習慣(食事、運動、生活環境)を中心にした内容でした。実技は椅子に座ってできる運動や脳トレ体操などを行いました。日頃から運動をされている方もいらっしゃれば足腰に痛みを抱えていらっしゃる方もいらっしゃいましたが、それぞれが無理のない範囲で楽しんでいらっしゃいました。
 相談会では11名の方が残ってくださり、お茶やカルシウム菓子などを味わいながら日頃の食事や栄養に関する話題になりました。参加された皆さんからは質問もたくさんあり、保健師・体育指導員もできるだけ丁寧に回答させていただきました。参加された皆さんは、楽しく過ごされたようで良かったと感じました。
 今後も地域にお住いの皆様にとってお役に立てるよう、楽しみながらいろいろなご相談をお受けできたらと思っております。