グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




事業団について

11月開催分

施設の機能を生かしたサロン活動の企画・運営を通じ、地域の方にちょっとした困りごとなどをお気軽に相談できる機会を提供します。


福祉用具・介護ロボット展示&障害者スポーツ体験会を開催しました

平成28年11月2日(水)に居場所サロン事業の11月企画を、なごや福祉用具プラザの地域介護者教室と共同で開催しました。
 11月の企画は、「障害者スポーツについて」と題し、イオン八事店のイベントスペースをお借りして、メイン企画では、来場者の皆さんにサウンドテーブルテニスの体験をしていただきました。大人と子どもを合わせて約30名の方が体験され、参加賞として少しばかりの景品やお菓子をご用意させていただきました。障害者スポーツ体験を皆さんに楽しんでいただき良かったと思います。

 開催当日の様子は、午前中から多くの来場者がお見えになりました。平日の日中の開催ということもあり、午前中はご年配の方を中心に、加えて午後からはお子様連れの方が来場されました。
 サウンドテーブルテニスは、ラバー(ゴム)の貼られていないラケットで音の出る球をネットの下をくぐらせて打つのですが、音の出る球た通常の卓球と異なる点に体験者に皆さんは興味を持たれていました。
 来場者の皆さんからは
 「アイマスクをすると球の大体の位置はわかるけれど、打ち返すのが難しいね」
 「この球はどこで売っているのですか?」
 「競技用の車いすは軽くて方向転換がしやすいね」
 などといった声が聞かれました。

 他にも北京パラリンピックの写真パネルの展示や、会場スクリーンへの障害者スポーツの紹介DVDの投映、競技用車いすの展示・試乗体験などもあり、来場者の皆さんに障害者スポーツの一端に触れていただくことができたかと思います。
 普段、商業施設で事業を行うことがないため、私たち運営スタッフも色々勉強になりました。開催にご協力いただいた全ての方に感謝申し上げます。