グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




事業団について

9月開催分

施設の機能を生かしたサロン活動の企画・運営を通じ、地域の方にちょっとした困りごとなどをお気軽に相談できる機会を提供します。


「聞こえ」について-耳がとおいと感じたら-を開催しました

 社会貢献活動の「居場所・サロン事業」第4回目は9月13日(火)に福祉スポーツセンターにて開催しました。事前申し込み定員20名のところ、すぐに定員となり関心の高さが伺えました。
 
 今回講師として愛知県立大学教育福祉学部社会福祉学科教授の吉川雅博先生をお迎えし、聞こえに関して1時間ほどご講義いただきました。内容は、高齢の方の聞こえの特徴・補聴器の機能・周囲の人の話しかけ方のコツや聞こえを補う道具といったもので、非常にわかりやすく、またユーモアを交えてお話しくださいました。

 質疑応答に入ると、すぐさま参加者のみなさんから次々と質問がありました。ご自身の聞こえに関する悩みや補聴器に関するお話も複数の方からあり、それぞれ吉川先生からコメントしていただいています。

 一緒にお話を伺っていて、この聞こえに関するご相談は非常に個別性が高く、ひとりひとりの状況を
きちんと伺う必要があることや、ご家族など周囲の方の理解やサポートがすごく大事であるのだということが分かりました。

 今後も月1回ずつ開催していきますので、「居場所・サロン事業」をどうぞよろしくお願いいたします。